『旧:PSP、DS、んでTAKEO』iPhoneやAndroidやPSPやDSなどのゲームの改造方法、最近のニュースなどをお届けするブログです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
twitterへRTする


【FC2ブログランキングへ】 【神紙】 【Twitterアカウントのフォロー】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3000年に1度だけ咲く伝説の花「うどんげ」

udon.jpg
そこの貴方、東方厨だろw?
3000年に1度しか咲かないという伝説の花
「優曇華」

民家で発見!



( ´ ▽ ` )「うどんげ!うどんげ!!」

3000年に1度しか咲かないと言われる伝説の花「優曇華(うどんげ)」が、中国の民家に姿を現した。海外メディアが1日報じたもので、民家の近隣にある寺の僧侶が確認し、間違いないという結論が下された。

優曇華とは、仏教経典において3000年に一度花を開き、そのとき如来が現れるとされる伝説の植物。日本でも「めったにないもの」を例える用語として古くから使われており、『竹取物語』『源氏物語』といった古典文学や、夏目漱石の『虞美人草』などの近代文学にもその名が登場する。また、実在するクワ科のフサナリイチジクを指す場合、昆虫クサカゲロウの卵塊を指す場合もある。だが今回見つかったのは、霊験あらたかな伝説の植物だったそうだ。

江西省のある民家で優曇華が発見されたのは、先月27日のこと。正体を知らなかった民家の主人は不審に思い、長さ1ミリ程度の植物を虫メガネで観察。すると小さな花が見えたため写真を撮影し、近隣の寺へと届けた。その後、その寺の僧侶が民家を訪れて観察し、伝説の花だと特定した。驚くべきことに 27日の発見当初は2輪しか花をつけていなかったが、翌日には18輪に増えていたそうだ。

民家の主人は「初めは昆虫が生んだ卵だと思ったが、虫メガネで見てみると花の形をしていたので寺に届けた。3000年に1度しか咲かない花が、我が家で見つかるなんて信じられない」と喜びを語る。また優曇華だと確認した僧侶は「私だけではなく、3つの寺から僧侶を集めて確認した結果だ」と述べた。

photo:CNS


ロケットニュース24

その3000年に一度しか咲かない花「優曇華(うどんげ)」はこれだ・・・!


3000flowers.jpg

( ´ ▽ ` )「・・・かわいいなぁ」

なんとも言えない花ですね・・・
というか花に見えないですな(`・ω・)

( ´ ▽ ` )「肉と炒めるとおいs(ry」

モヤシじゃないぞ!



さて、3000年に一度咲くなんていう伝説級な花「優曇華(うどんげ)」とはいったいなんぞや?
と思う方に説明。


















20070928031531.jpg
優曇華院 通称:うどんげ
しろ画集-Segment-
夏めろ

元は月に住む兎の一匹で、軍人であったが、月に人間が攻め込んできた際地上に逃れ、いつしか同じ月の民である蓬莱山輝夜達の住まう永遠亭にたどり着いた。

現在は輝夜のペット兼八意永琳の弟子として暮らしている。
永遠亭に住まう地球の兎である因幡てゐとは兎角同盟を結成して日々兎鍋撲滅と兎権向上のため戦っている……かもしれない。
実際のところ結構生真面目な性格が災いしてか、てゐや地上の兎たちには振り回されっぽなしのようだ。
チャームポイントの大きなうさ耳は飾りではなく、月の兎たちが遠距離通信に使う特殊な波動をキャッチすることができる。
能力は狂気を操る程度とされているが実際には電磁波や光なども含むあらゆる波について、その波長・位相などを操ることができる。
人妖の波長を見ることで性格を見抜いたり、竹林一帯に錯覚を生み出し迷いの結界を作り出す等、その力は人間や妖精を遥かに上回る。
本人はその能力の強大さを余り自覚していないようで、弾幕戦ではその力を活用しきれていないことも多い。
第2回東方最萌トーナメントにおいて、ベスト8入りを果した。
二次創作の世界では、森近霖之助(最萌初戦の相手)や因幡てゐに振り回される役として定着している。


鈴仙・優曇華院・イナバとは - はてなキーワード







ごめん、腹筋するから許してくれ・・・・




ふっ!ふっ!・・・・









伝説上の植物

仏教経典では、3000年に1度花が咲くといい、その時に金輪王が現世に出現するという。『金光明経』讃仏品に「希有、希有、仏出於世、如優曇華時一現耳」とある。また『法華経』、南史にも出る。

日本の古典文学では、『竹取物語』、『源氏物語』若紫、『宇津保物語』などに用例がある。

近代文学では、岡本綺堂『半七捕物帳 人形使い』、蒲原有明『仙人掌と花火の鑑賞』、斎藤緑雨『かくれんぼ』、泉鏡花『白金之絵図』、田山花袋『道綱の母』、夏目漱石『虞美人草』などに用例がある。

現代文学では宮本輝『蛍川』などに用例がある。古典から現代まで、いずれも架空の花、すなわち前記の3000年に1度だけ咲く花として用いられている。先に架空の花の名として流通し、後に実在の植物名に用いられたからである。


ウィキペディア

仏教では3000年に一度咲く・・・・と書いています。
実在するクワ科のフサナリイチジクを指す場合、昆虫クサカゲロウの卵塊を指す

しかし今回の花は霊験あらたかな伝説の植物
まぁ実際3000年に一度咲く・・・っていうのは不明ですが・・・・

竜舌蘭とかだったら50年に一度だっけ?それでもけっこう神秘的です^^;

改めて・・・植物の世界もすごいなぁと実感です・・・・
私の家にも”うどんげ”生えてこないかなぁ?


関連記事
twitterへRTする


【FC2ブログランキングへ】 【神紙】 【Twitterアカウントのフォロー】


このうどんげはセーラー服着てないのか?残念だな。
主の言うとおりモヤシにしか見えんwwww
[ 2010/03/03 17:03 ] [ 編集 ]
優曇華って花がさくより優曇華院が家にきてくれるほうがうれs(ry
[ 2010/03/03 17:04 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/03/03 17:50 ] [ 編集 ]
もやしwww
[ 2010/03/03 19:37 ] [ 編集 ]
フサナリイチジクがフタナリイチジクに見えた
[ 2010/03/03 20:17 ] [ 編集 ]
優曇華院!優曇華院!
[ 2010/03/03 20:39 ] [ 編集 ]
ありがたやありがたや
優曇華院様
[ 2010/03/03 22:40 ] [ 編集 ]
falcon
どうせ偽者だ
僧侶だって本物を見たことないはずだ
わかるはずがない
[ 2010/03/03 23:18 ] [ 編集 ]
↑あんまりなことを言うなwww
[ 2010/03/04 10:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿

※コメントするときの注意

・名無しor通りすがりなどのHNは極力使用しないでください。
・同じ質問がないか確認してください。
・なんでもかんでも質問しない。調べて考えてください。
・荒らし行為や不快なコメントはしないでください
・スパムやブログの宣伝はしないでください(相互リンクはこちら
・TorrentやROM関係の質問や割れ告白等はしないでください。

以上の事を守ってください。よろしくお願いします。












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



FC2カウンター
現在の閲覧者は・・
現在の管理人の行動。




なんか動物飼ってる。なんか動画作ってる。
多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去のログ v.コンパクト
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カウントアップカウンター
トラックワード
メールフォーム
用件がありましたらこちらにメールしてください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。